千とせ本店|大阪芸人ご用達…素朴で気疲れしない肉吸い発祥の店

By 大堀 僚介

常連のお客さんの一声から意外な人気メニューが出来上がることがあります。例えば「カツとじにカレーをかけてほしい」という要望から生まれた、高槻・多津屋のダブルカレー。和風出汁とカレーのブレンドで、カレーのスパイスと懐かしい和風だしの風味が合わさった新しい味覚が誕生しました。

今回ご紹介するメニューもお客さんの声から生まれたもの。ただ…正直言ってちょっと奇抜です。どんな声かというと、「肉うどんのうどん抜き」。昔の芸人さんがリクエストしたとのことですが、一体どんなメニューになったのでしょうか…

千とせ本店|大阪のよしもと芸人ご用達…周りに気をつかわずに食べられる肉吸い発祥のうどん店

なんばグランド花月の近くにある千とせ本店は1949年創業の老舗。肉吸い(肉うどんのうどん抜き)の発祥で、お店の名物として世間に知れ渡っています。元々はうどん屋ですが、肉吸いが人気メニューとなり、明石家さんまが「うどん屋なのにうどんを出さない店」と紹介したのも相まって、今ではお客さんの大多数がうどんではなく肉吸いを注文しています。

肉吸い|千とせに来たら、まずはこれ!牛肉たっぷりで肉好きにもおすすめ

そんな千とせ本店では、ノーマルバージョンの肉吸いと、豆腐入り肉吸いの2種類が注文できます。この日の僕がオーダーしたのは、豆腐入り肉吸い700円。この肉吸いに小玉(卵かけご飯 小)210円を一緒に食べるのがおすすめなようで、僕もそれに倣って小玉をつけました…

まずは出汁を一口。醤油味の出汁に牛肉の細切れから浸み出した脂の旨味がうまくブレンドしています。ちょっと意外だったのが、中に入っている牛肉の量。申し訳程度ではなく、かなりしっかりした量が入っているのです。うどんがなくてもお腹が満たされるくらい…細切れ肉ですが、牛肉をたくさん食べた気にもなれるかもしれません。

さらに丼の中を探ると…

このように落とし卵が1個。出汁でちょうど良く熱が加えられた卵は、箸で割ると中からとろとろの黄身が…鍋焼きうどんのような味の変化も楽しむことができます。

追加メニューの小玉|やっぱり炭水化物も食べたいあなたへ…

このように、肉吸いだけでも少食の方はお腹が満たされるくらいの量はありますが、これでは物足りない方や「やっぱり炭水化物も欲しい…」という方には、卵かけご飯を追加で注文するのがおすすめです。

中央の黄身を割って、醤油をかけてかき混ぜて、肉吸いをスープ代わりにすすりながらご飯をかき込む…おしゃれな店もいいですが、周りに気をつかわずに自分のスタイルで食事できるところも、同様に大切にしていかなければならないのではないでしょうか?

周りの目を気にせずお好みのスタイルで…千とせ本店へのアクセスは、最寄り駅の大阪メトロ・なんば駅より徒歩7分

おそらく創業時から改装をせず営業を続けてきたであろう千とせ本店…ここで食べる肉吸いは、レトロな見た目も相まって昔の日本の庶民文化を思い起こさせてくれます。

それでは、店舗の詳細です。

千とせ本店 [star rate=”4″]
住所:大阪府大阪市中央区難波千日前8-1
電話番号:06-6633-6861
営業時間:10:30-14:30(売り切れ御免)
定休日:火曜日

本店はお昼で閉まってしまいますが、なんばグランド花月1階の千とせべっかんなら、夜遅くまで肉吸いを楽しめます…

千とせべっかん
住所:大阪府大阪市中央区難波千日前11-6なんばグランド花月1階
電話番号:06-6633-2931
営業時間:11:00-20:00(売り切れ御免)
定休日:なし

This entry was posted in フード, 大阪, 日本
大堀 僚介

学生時代からバックパッカーとして、主に東南アジア諸国を歩きまわる。これまでの訪問国数は20カ国以上。現在も出張を口実に国内外へ旅行して、ローカルフードを食べ歩くのを趣味としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です