Vegan Ramen UZU KYOTO|動物性食材一切不使用のヴィーガンラーメン、そのお味は?

By 大堀 僚介

また1件、京都に強烈な個性を持つお店が誕生しました。2020年3月にオープンしたばかりのVegan Ramen UZU KYOTOというお店。ヴィーガン(完全菜食)系のラーメンというだけでも十分なインパクトがありますが、とにかくお店独自の世界観がすごすぎて、自分がラーメンを食べていることを忘れてしまいそうになります…

Vegan Ramen UZU KYOTO|京都で強烈な世界観を放つヴィーガン系ラーメンの新店。さて、そのお味はいかに?

そのお店・Vegan Ramen UZU KYOTOがあるのは京都御所の南西、寺町通りの1本東の筋を南に下ったところにあります。お店の店舗設計をteamLabという今イケイケのアート集団が担当していて、お店のあらゆるものが既存のラーメン屋とは大きくかけ離れた異質なものになっています。

まずは店頭から。エントランスから受ける印象はシックなバーのような雰囲気。店の内と外を仕切る扉はなく、四方が木目の通路が奥に向かって延びています。この通路を奥に進むと…

UZU店内

通路の先は暗く照明が落とされた大きな部屋。正面がディスプレイになっていて、中央に黒光りする巨大なテーブルが1つ。正面のディスプレイには書道をイメージした現代アートの動画が流れ、大きなテーブルにはその動画の鏡面像が反射して映し出されます。

Vegan Ramen UZU KYOTO店内のスクリーン

その左右両側にお客さん用の座席が全部で16人分。店員さんに案内されて席に着くと、その席だけライトアップされるようになっています。そして、部屋の両サイドの壁は全面鏡張りになっていて、お互いの鏡で反射し合って、同じ空間が鏡の向こうに無限に続く異次元世界…こんな空間でラーメンを食べよう!なんて、誰が思いついたんでしょうか?

動物性食材を一切使わないラーメンメニューは全部で3種類!もちろんその他のメニューもヴィーガン系

そんなVegan Ramen UZU KYOTOでは、次の3種類のラーメンが用意されています(値段は税別)。

  • Vegan Ramen soy sauce(醤油) 1200円
  • Vegan Ramen spicy miso(辛味噌) 1200円
  • Vegan Ramen Sansho tsukemen(山椒つけ麺) 1400円

注:山椒つけ麺は近日中に提供開始

…いずれも、ラーメンとしてはお高い印象。その他、サイドメニューとして、

  • Vegan gyoza(餃子) 700円
  • Vegan sushi(押し寿司) 950円
  • Vegan Matcha mochi icecream(抹茶餅アイス) 800円

などがあるのですが(いずれもヴィーガンメニュー)、どれも僕たちの感覚からすると「高いな…」と思わざるを得ません。まあ、メニューが英語表記ですし、ラーメン屋なのにワインもありますし、このお店の主なターゲットは外国人観光客なんでしょうね。お店の周囲には外国人が泊まるようなユースホステルがありますし、そう考えると納得です。

Vegan Ramen soy sause(醤油):ヴィーガンラーメンと侮るなかれ!和風出汁に生姜でパンチを効かせたチャイニーズテイストの一杯

それでは、Vegan Ramenの実食といきましょう!まずは醤油ラーメンから(後日他のラーメンもレビュー予定)…

Vegan Ramen UZU KYOTOのヴィーガンラーメン醤油

スープは醤油ですが、中央のトマトやネギなどのトッピングの仕方もどことなく他店のラーメンとは違う気が…

Vegan Ramen UZU KYOTOのヴィーガンラーメン醤油スープ

まずはスープから。動物系の出汁が一切ないスープはやっぱり薄味なんだろう…という当初の予想に反して、しっかり味が出ています。椎茸や昆布、各種野菜で取った出汁に焦がしネギと刻み生姜を効かせていて、かなりチャイニーズな味付けのスープになっています。生姜の影響でちょっとピリッとするスープですが、中央のトマトを崩せばスープに酸味が加わるとともに生姜の刺激が和らぎます。最初からトマトを崩してもいいですし、後で使う味変アイテムとして取っておくのもおすすめです。

Vegan Ramen UZU KYOTOのヴィーガンラーメン醤油実食

これに対する麺は、北海道産の小麦と宮崎県の契約農家から仕入れた全粒粉を使った細めのストレート平打ち麺。全粒粉は少なめにブレンドされているのでしょうね。全粒粉麺独特のパツパツした感じがなく、もっちりとした麺になっています。

スープをコーティングしてツルツルと口に収まって、程よく麺の食感を伝えてスーッと喉元を通り過ぎていく感じ。存在感の強い麺ではありませんが、食べていて物足りなさを感じることもなく、スープとのバランスがよくとれている印象です。

このラーメン、味だけで評価するなら文句なく美味いです。あとは、この値段を受け入れられるかどうかですかね…女子受けはすると思うので、話のネタ込みで女性を連れてくるにはいいお店かもしれません。

Uber Eatsにも対応?Vegan Ramen UZU KYOTOへのアクセスは、最寄り駅の京都市営地下鉄・京都市役所前役から徒歩6分

さて、今回ご紹介したVegan Ramen UZU KYOTO、どうやら設計段階からUber Eatsに対応できるように考えられているようです。店頭の画像をよく見ると、エントランスの横に小さな小窓のようなものがあります。ここから宅配用の料理を出すのでしょうか?記事執筆時点ではUber Eatsのサイトで検索に引っかかりませんでしたが、今後も新型コロナの影響が続くならデリバリーの選択肢に入れてみてはいかがでしょう?

それでは、お店の詳細です。店舗データはこちら…

Vegan Ramen UZU KYOTO

Vegan Ramen UZU KYOTO [star rate=”4.0″]
住所:京都府京都市中京区梅之木町146 豊夢
電話番号:080-7603-6106
営業時間:11:30-14:30、18:00-22:00
定休日:火曜日、水曜日
駐車場:なし(近隣のコインパーキングを利用)
クレジットカード払い:訪店時は不可(将来的に可能になるそうです)

京阪電鉄の神宮丸太町駅からも徒歩10分ほどの距離です。

This entry was posted in フード, 京都, 日本
大堀 僚介

学生時代からバックパッカーとして、主に東南アジア諸国を歩きまわる。これまでの訪問国数は20カ国以上。現在も出張を口実に国内外へ旅行して、ローカルフードを食べ歩くのを趣味としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です