鶏コロール|地元・京都の地鶏を使った食べ放題ランチが人気の鶏料理専門店

By 大堀 僚介

「今日はランチでガッツリいきたいなぁ…」というあなたに朗報!京都・烏丸にある鶏料理専門店「鶏コロール」では、こだわりの京赤地鶏を使った鶏天が食べ放題のランチメニューを提供しています。

早速、どんなお店か行ってみると…

鶏コロール|京都・烏丸にある地鶏料理専門店…コスパに優れた食べ放題ランチが人気

そのお店・鶏コロールは、四条烏丸の交差点を西に向かい、1筋南に下りたところにあります。店内はカウンター4席に6人掛けのテーブル席が2卓。小さなバーほどの広さのお店を、若い店主が1人で切り盛りしています。

鶏コロール店内

鶏コロールの唯一のランチメニュー・40分間とり天食べ放題「とり天食べ放題ランチ」を食す

そんな鶏コロールで現在提供している唯一のランチメニューが、今回のターゲット・とり天食べ放題ランチ。1200円で、お店自慢のとり天が30個まで食べ放題なのだとか…

鶏コロールのとり天食べ放題ランチ(値段は税込)

  • 大人 1200円
  • 小学生 900円
  • 4-6歳 600円
  • 3歳以下 無料

このお値段で、とり天10個にに季節の炊き込みご飯、サラダ、鶏スープがついています。まあ、上限30個なので厳密には「食べ放題」という表現は不適切かもしれませんが、食べ終わって満腹になっていればあながち嘘とも言い切れないか…

というわけで、そのとり天食べ放題ランチをご紹介しましょう。画像はこちら…

鶏コロールのとり天食べ放題ランチ

ちょっと引き気味の画像なので伝わりにくいと思いますが、とり天1つが中サイズの牡蠣1粒くらいあります。それが10個あるので、おかわりなしでもそれなりのボリュームはありますね。調味料は左から山椒塩、京都産琴引の塩、七味塩、ゆずポン酢、スイートチリの5種類。プラス20円でマヨネーズも追加できます。

鶏コロールのとり天食べ放題ランチ炊き込みご飯
ちなみにこの日の炊き込みご飯は、とうもろこしの炊き込みご飯でした

では、早速実食…京赤地鶏のむね肉を使ったとり天は、「本当にこれ鶏肉?」と思ってしまうほど柔らかいです。4種類の天粉をブレンドしたという衣も薄く、サクッとした食感でとり天の柔らかさを全く邪魔しません。

鶏コロールのとり天食べ放題ランチ実食

このとり天、調味料なしでそのまま食べてもイケますよ。薄い衣とともに前歯で肉を割ると、断面から肉の旨味がじわり…脂肪分の少ないむね肉ですが、油で揚げているのもあって淡白すぎず、普通にサクサク食べ進められます。

逆に残念なのは調味料。5種類揃えてくれるのはありがたいですが、とり天と比べて器が小さくてしっかりと味をつけられません。加えて塩系の3つがほんのちょびっとしかないので、塩系の味を満足いくまで楽しめませんでした(一応、プラス20円で調味料もおかわりできます)。そんな制限のある中で、あえて好みの調味料をあげるなら、山椒塩かなぁ…

鶏コロールのとり天食べ放題ランチ二巡目

一巡目を完食して、とり天と炊き込みご飯をおかわり。とりあえず10個追加しましたが、1個単位でおかわり注文できそうです。

鶏コロールのとり天食べ放題ランチマヨネーズ

二巡目はマヨネーズを追加して、ポン酢とマヨネーズを交互に使ってとり天完食!三巡目もいけなくはなかったですが、ちょうどお腹が落ち着いてきたところでストップしておきました。

「とり天30個まで」というのがどうなんだろう…と最初思いましたが、普通の大人なら30個あれば十分満腹感を得られると思います。かえって、追加したとり天を残すと1個につき100円の罰金がかかってしまうので、あまりがっつかずに腹八分目で止めておく方が良いのではないでしょうか。

鶏コロールへのアクセスは、最寄り駅の阪急京都線・烏丸駅から徒歩7分

それでは、お店の詳細です。店舗データはこちら…

鶏コロール

鶏コロール [star rate=”4.0″]
住所:京都府京都市下京区矢田町121 フィルナカタ1階
電話番号:075-353-5725
営業時間:ランチ 11:30-14:30、ディナー 17:00-22:00
定休日:月曜日、第2・第4日曜日
駐車場:なし
クレジットカード払い:可

This entry was posted in フード, 京都, 日本
大堀 僚介

学生時代からバックパッカーとして、主に東南アジア諸国を歩きまわる。これまでの訪問国数は20カ国以上。現在も出張を口実に国内外へ旅行して、ローカルフードを食べ歩くのを趣味としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です