いってつ|南大阪の住宅地にある讃岐うどん屋が関西No.1を獲得…金剛

By 大堀 僚介

大阪府南部の大阪狭山市。大阪府内でも規模が小さく、目立った観光名所もないベッドタウンのこの街に、讃岐うどんの名店があることを知っている人はどのくらいいるでしょうか?

讃岐うどん いってつ|関西うどんグランプリ第1位獲得の実力店

2011年に隣の富田林・貴志駅前から移転してはや8年、もう大阪狭山市にしっかり根を張ったと言える「讃岐うどん いってつ」。ただ…市外からやってくるお客さんにとっては、非常に行きにくく悩ましい場所にお店はあります。

お店の最寄駅は南海高野線の金剛駅ですが、ここから歩いて行くとかなりの時間と体力を要します。夏場の暑い時期ならば、お店に到着する頃にはシャツが汗でグッショリになっていることでしょう。

だったら、そこまでして「讃岐うどん いってつ」に行く必要があるの?という疑問が頭の中に浮かびますが、断言します。讃岐うどん好きなら行く価値ありです。なにせこのお店、2016年開催の関西うどんグランプリ〜ひやかけ編〜で第1位を獲得するほどの実力店。関西エリアで本格的な讃岐うどんを食べようと思ったら、選択肢からは絶対に外せない1店なのです。

いってつ店内

店内は一見うどん屋とは思えないスタイリッシュな内装で、店の中央にはアイランドタイプのカウンターが10席ちょっとはあるでしょうか。テーブル席は数席程度ですが、奥に小上がりの座敷があるので、ちょっと多人数の家族連れでも対応はできそうですね。

季節限定の「淡路鶏のとり天ぶっかけうどん」:リッチで上品なとり天うどんを楽しみたければ、ぜひお早めに…

讃岐うどん いってつのメニューは、季節ごとに大きく変わることも知られています。ある時食べログやぐるなびを見て「これ食べたい!」と思っても、実際訪店した時には別のメニューに入れ替わっていてガッカリ…という経験をされた方もいらっしゃることでしょう。

この「淡路鶏のとり天ぶっかけうどん(冷)」も、おそらくそんな季節限定メニューの1つ。朝引きした淡路鶏のムネ肉を使ったとり天うどんは、次にあなたが訪店する時にはオーダーできなくなっているかもしれません。

いってつの淡路鶏のとり天ぶっかけ

とってもボリュームのある麺(画像は大盛り・二玉分)に、琥珀色のぶっかけ醤油だし。とり天は小さめの鶏ムネ肉1枚分、揚げたての状態で別皿でお盆に乗って運ばれてきます。

いってつの淡路鶏のとり天ぶっかけ実食

まず、出汁をそのまま麺にぶっかけて、ずっしりと重たい感触の麺を持ち上げて口に運びます。麺を噛んでみると、それに抵抗して歯が押し返されるような弾力があります。麺を噛み切るのに2回噛まないといけないほどのコシの強さ。これほどの弾力は、他店ではなかなか体験できないのではないでしょうか。

出汁はちょっと甘みがかった薄味の醤油出汁。自ら出しゃばらず、うどんの存在感をそっとサポートするような上品さを持ち合わせています。絞ったレモン汁を足せばそこにさわやかさが加わり、暑い夏場に食すには絶好の冷うどんになるのではないでしょうか。

いってつの淡路鶏のとり天実食

そして、朝引きの淡路鶏を使ったとり天。肉厚なムネ肉と薄くサクッと揚がった衣…一般の讃岐うどん屋にはない高級感あるとり天です。ムネ肉なのでジューシーではありませんが、その分淡路鶏の肉の旨味をしっかり堪能できます。うどん出汁に浸して食べるも良し、抹茶塩やカレー塩をつけて純粋にとり天として楽しむも良し…

冷やし温玉ぶっかけ:うどんのコシは健在、濃いめの鰹出汁が大根おろしや卵と混ざって甘く味変

もちろん通年メニューも安定の人気。かけうどん、ざるうどんから始まりぶっかけ、釜揚げうどんなど、讃岐うどんの定番は一通りオーダーできます。

讃岐うどんいってつの温かいうどんメニュー例

  • かけ  580円
  • わかめ  600円
  • きつね  650円
  • カレー  830円
  • 肉  880円
  • とり天  880円
  • かま玉  600円

讃岐うどんいってつの冷たいうどんメニュー例

  • ざる  550円
  • ぶっかけ  600円
  • しょうゆ  600円
  • とり天ぶっかけ  880円
  • えび天ぶっかけ  950円

それでは、通年メニューからも1つご紹介。こちらが冷やし温玉ぶっかけ(お値段650円)…

まずは安定のうどんのコシ。噛み切ろうとしても、一回うどんの弾力で押し返されます。存在感が強く、食べ終わった後にしっかり満足感を感じさせてくれる麺です。

これに対するのは、鰹出汁が強く効いたうどん出汁。そのまま口にするとかなりの塩分を感じる尖った出汁なのですが、丼にぶっかけると温玉や大根おろしと混ぜ合わさって、甘くマイルドな味に変わります。そのナチュラルな甘さが心地よく、箸が止まらずに一気に完食してしまいました。

お持ち帰り用の麺も売っています!讃岐うどん いってつへは、南海バスの亀の甲駅から徒歩7分

それでは、店舗の詳細です。

讃岐うどん いってつ [star rate=”4.5″]
住所:大阪府大阪狭山市茱萸木3-245-1
電話番号:11:00-15:00、18:00-21:00
電話番号:072-366-8024
定休日:木曜日
駐車場:あり(近隣の契約駐車場を利用)

いってつの麺をご自宅で楽しみたいと思ったら、生麺や冷凍麺などのお持ち帰りメニューもあるので、ぜひご利用ください。

P.S. 大阪には「うどんを出さない」うどん屋さんもあるんです。どういうことか?というと…

This entry was posted in フード, 大阪, 日本
大堀 僚介

学生時代からバックパッカーとして、主に東南アジア諸国を歩きまわる。これまでの訪問国数は20カ国以上。現在も出張を口実に国内外へ旅行して、ローカルフードを食べ歩くのを趣味としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です