ナイヤビンギ|奈良県の無農薬野菜で作るベジタリアンフード…生駒

By 大堀 僚介

地元の人に「生駒聖天」と呼ばれて親しまれている宝山寺。その参道沿いにちょっと、いや、かなり変わった空間があるのをご存知ですか?

ナイヤビンギ|地元奈良県の無農薬野菜で作る、身体に優しいベジタリアンフード

それは、ナイヤビンギというカフェ&レストラン。元々は宝山寺の宿坊だったそうですが、その建物をそのまま使ってお店にしてしまっています。下の写真のように、外観は昔の旅館そのものです。

元・寺の宿坊に流れるボブマーリー、そしてアフリカ料理のミスマッチ…その理由は店名「ナイヤビンギ」の意味にあり

店内で出迎えてくれたのは、ちょっと民族系の服を着た茶髪のお姉さん。二階の客席に案内されましたが、元旅館の構造をそのまま使って全席個室です。部屋によっては奈良盆地全体を見渡す絶景を拝めるので、余裕がある方は事前予約をオススメします。夏の夜はここから花火を眺めながらのディナーもいいかもしれません。

今回案内されたお部屋は参道沿いの、ちょうと入り口の上にあるお部屋。絶景は望めませんでしたが、それは仕方ありません。でも代わりに目についたのは、どこかの国旗を模したようなデザインのギターやら、民族系の打楽器やら…明らかに旧旅館+こたつとミスマッチです。

こたつに座って耳を傾けると、流れてくる音楽はボブマーリーをはじめとする、独特なリズムのレゲエ系名盤BGM。さらにランチメニューには、アフリカを想起させるアフリカンシチューやらクスクスやらの記載が…

この段階で、僕の思考が一瞬カオスに陥ります。無国籍と言えば聞こえはいいですが、正直何がしたいのかよくわからない。このまま「なんだか変な店」という印象だけを残して終わってしまうところでした…店名をググるまでは。

Wikipediaによると、店名の「ナイヤビンギ(英語のスペルはNyahbinghi)」とはジャマイカの宗教的な集会や、そこで流れる音楽を指すそうです。アフリカ回帰主義や菜食主義などを唱えたラスタファリ運動…と難しそうな話は続くのですが、ここまで読むだけでもレゲエ、アフリカ、ベジタリアンフードが一本につながりました。ちゃんとコンセプト通りなんですね、これ。

季節で変わる小鉢が10品も!ナイヤビンギのランチメニューはムスリムやヴィーガンの人も食べられる完全菜食主義のスローフード

さてさて、では肝心のお料理の方にまいりましょう。予約必須のランチメニュー…この日のメニューに含まれる小鉢全10品は、以下の通りです。

  • ソイミートの宝山寺味噌竜田揚げと季節野菜の竜田揚げ
  • 厄除大豆のアフリカンシチューとクスクス
  • 豆乳胡麻豆腐(宝山寺味噌)
  • 蒸かし野菜(豆乳マヨネーズ)添え
  • 豆腐クリームソースのグラタン
  • 野菜の和え物
  • 季節野菜サラダ(自家製ドレッシング)
  • 野菜のアヒージョ
  • 自家製ピクルス
  • 自野菜のお漬物
10品目

これに前菜と豆ご飯、菜食スープ、食後のデザートとドリンクがついて、お一人1950円。メニューの内容は季節によって変わるそうです。全部生駒で採れた食材を使ったスローフードですが、けっこうボリュームがあり女性だと食べきれない人もいるかもしれません。

この10品全部のレビューは大変なので、ここではメインのソイミートについてのレビューにとどめておきます。

ソイミートって、初めて聞く方もいらっしゃるかもしれませんね。一言でいうと、大豆を原料としたお肉もどきです。今回のメニューにある竜田揚げはコロッと揚がっていて、さっぱりした鶏のムネ肉に近い食感です。おそらく何も言われずに出されたら、区別できる人は少ないんじゃないでしょうか。それくらい似ています。

そしてその周りを添えるナス、舞茸、ポテトなどの季節野菜。画像を見てもわかるように、衣が非常に薄いので、野菜そのものの味を存分に楽しめます。竜田揚げというより、半分素揚げみたいな感じです。さすがに自然菜食(アイタル)を謳うだけあって、口の中に入れてもとても優しい印象を受けました。

残りの9品については、どうか添付の画像からご想像ください。上に紹介した竜田揚げと同じく、食べていて自分の身体が求めている感覚がありました。

あなたの身体が野菜を欲している時には、ぜひどうぞ。ここならお友達がヴィーガンだろうがムスリムだろうが、まったく気を使うことなく連れてくることができますしね!(お子様メニューがないので、子ども連れはちょっとキツいかもしれませんが…)

それではお店の詳細です。

駐車場がないので車での訪店はご注意を!ナイヤビンギへのアクセスは、最寄り駅の近鉄生駒ケーブル・宝山寺駅から徒歩1分

ナイヤビンギ [star rate=”4″](お店のブログがありましたが、随分更新されていないようです)
住所:奈良県生駒市門前町12-9
電話番号:0743-73-0805
営業時間:12:00-21:00
休日:火曜日
駐車場:なし

実際に行かれるときには、近鉄生駒駅から生駒ケーブルを使って行く方が便利です。目の前の参道は車が通れないので、車でのアクセスにはご注意を。車の場合は生駒駅からケーブル沿いに山を登って行って、有料道路の入り口のところに無料駐車場がありますので、そちらをご利用ください。そこから歩いて5分程度です。行き方は予約時に店員さんが詳しく教えてくれます。

P.S. ナイヤビンギの近くには、こんなお店もありますよ…

This entry was posted in フード, 奈良, 日本
大堀 僚介

学生時代からバックパッカーとして、主に東南アジア諸国を歩きまわる。これまでの訪問国数は20カ国以上。現在も出張を口実に国内外へ旅行して、ローカルフードを食べ歩くのを趣味としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です