京FUJIHARUカレー|地元電子部品業者が世に問うカレーは想像に反して…

By 大堀 僚介

町工場の多い亀岡市並河というところに、ちょっとおしゃれなカレーショップがオープンしました。そのカレーショップの所有者も、実は電子部品の検査や組み立てを行う地元企業の社長さん。

なんでも、社員の活躍の場を増やすためにつくられたというカレーショップですが…今まで飲食業を運営したことのない全くの異職種から参入したこのお店は、一体どんなお店かというと…

京FUJIHARUカレー|地元の電子部品業者がゼロから立ち上げたカレーショップ。そのお味はイメージに反して…

お店の扉を開けると、暖色系の照明が照らされた店内には、カウンター席が3脚とテーブル席が20人分くらいあるでしょうか。店の奥には小上がりの座敷席もあるようで、僕がいた時間には奥から赤ちゃんの泣き声も聞こえてきました。

京FUJIHARUカレー店内

内装はよくあるおしゃれ系のカフェみたいな感じですが、街中にある若者向けのカフェとは違って妙に落ち着いた…というか、静かな雰囲気があります。もちろん立地的な要因もありますが、それだけではありません。

例えば接客。洋服屋さんに例えると伝えやすいのですが、お呼びでないのにあれこれと首を突っ込んでくる店員さんではなく、無関心かのように放っとかれているように見えて、実はちゃんと気にしててもらえる…みたいな感じ。それでいて接客のプロっぽい雰囲気は全くなく、逆に素人感が思いっきりあふれています。

一言で表すならば、「包容力」とか「器が大きい」という言葉になるのでしょうか。それもそのはず、このお店のスタッフさんは全員妙齢のマダムたち。何か、カレーショップにカレーを食べにきている感じがしないんですよね。むしろ、肌感覚としては家でカレーを食べているような感じに近いです。この辺りの違和感に戸惑う人もいるかもしれませんが、ここまでゆったりとくつろげるカレーショップもなかなかお目にかかれるものではありません。

地元産の材料を使った4種類のカレー。その背後にはアンダーグラウンド感が満点のある組織が…

そんな京FUJIHARUカレーで提供されるカレーは、下にご紹介する4種類。

  1. プレーンカレー 680円
  2. ビーフカレー(季節のサラダ付き) 1000円
  3. カツカレー 1300円
  4. 海老フライカレー 1300円

※辛さを「ちょい辛」、「やや辛」、「ほん辛」の3段階から選べます。
※※ごはんも白米と紫黒米の2種類から選べます。

このうち、カツカレーと海老フライカレーは数量限定メニューとなっています。地元産の食材を揃え、独自配合のスパイスと5時間かけて煮込んだスープを合わせて完成したカレーは、何と京都大学カレー部なる組織にも助言をもらったのだとか。全国から集まった秀才軍団の知恵が入ったカレーってどんな味がするのか、興味が出てきませんか?

カツカレー:「みんなに優しい」を地でいくカレー、スパイスに負けない自然な甘さが印象的

今回オーダーしたのは、京FUJIHARUカレーの最上級メニューかつ1日20食限定のカツカレー(ほん辛、お値段 税込1300円)。画像はこちら…

京FUJIHARUカレーのカツカレー

丸皿一杯に広がったカレールーから高く迫り上がる紫黒米とカツの山。菜の花、パプリカ、シメジ、紫キャベツなど多彩な具材の盛りつけは、大阪のスパイスカレー人気店・ボタニカリーを連想させるカラフルさです。

京FUJIHARUカレーのカツカレー近影2

では、実食…よく炒められた玉ねぎのみじん切りをベースとしたカレールーからは、ほんのり酸味と自然な甘さが伝わってきます。辛さ最上級のほん辛ではありますが、正直辛さはそれほどでもありません。もしかしたら、市販のカレールーの中辛よりもマイルドかもしれません。

スパイシーなカレーを求める人にとっては物足りなく感じるかもしれませんが、「みんなに優しいカレー」をモットーにしている京FUJIHARUカレーのルーはこれで良いのだと思います。玉ねぎ以外にも野菜がふんだんに使われているのでしょう。身体にも優しい感じがして食べるのに全く抵抗感がありません。

京FUJIHARUカレーのカツカレー実食2

一口サイズにカットされたとんかつは、食べ進めていくと結構な量が入っているのに気づきます。ひょっとしたら、ご飯の量より多いかもしれません。逆にいうとご飯の量は少なめなので、男性ならご飯を大盛りにしてもらう方がいいでしょう。

京FUJIHARUカレーのコーヒー

ドライブ途中の昼食やコーヒータイムにどうぞ…京FUJIHARUカレーへのアクセスは、最寄り駅のJR山陰本線・並河駅から徒歩8分

この京FUJIHARUカレー…地元民でないとなかなかリピートできない場所にあるのが難点ですが、国道9号線から入ってすぐのところにあるので車での来店には便利です。駐車場もあるので、近くに行かれたらドライブ途中のランチやコーヒータイムにいかがでしょうか。

それでは、お店の詳細です。店舗データはこちら…

京FUJIHARUカレー

京FUJIHARUカレー [star rate=”4.0″]
住所:京都府亀岡市大井町並河3丁目8-22
電話番号:0771-20-6383
営業時間:11:00-17:30
定休日:日曜日
駐車場:あり
クレジットカード払い:可

This entry was posted in フード, 京都, 日本
大堀 僚介

学生時代からバックパッカーとして、主に東南アジア諸国を歩きまわる。これまでの訪問国数は20カ国以上。現在も出張を口実に国内外へ旅行して、ローカルフードを食べ歩くのを趣味としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です