ねぎ焼きやまもと|大阪の老舗お好み焼き屋で看板メニューのすじねぎを食す

By 大堀 僚介

大阪風お好み焼きは今や全国各地で食べられますが、大阪にはねぎ焼きという食べ物があることをどれくらいの人が知っているでしょうか?ねぎ焼きとはお好み焼き類似メニューの1つですが、お好み焼きより下町っぽくて大阪らしい食べ物。どんな食べ物か興味が出てきませんか?

ねぎ焼きやまもと|大阪の老舗お好み焼き店で看板メニューのすじねぎを食す

大阪でねぎ焼き発祥の店を名乗るのが、今回ご紹介する「ねぎ焼きやまもと」というお店。大阪の十三という下町的雰囲気を残すエリアで50年近くお店を営む老舗でもあります。

ねぎ焼きやまもと本店店内

店内は中央の厨房を囲むようにコの字型のカウンター席が15席。厨房にある鉄板で店員さんがねぎ焼きを作ってくれるのですが、客席にも鉄板があるので安心して熱々のねぎ焼きを食べられます。

すじねぎ:牛すじの旨味と鰹節の風味が押し寄せる、ビールのお供に最適な1品

ねぎ焼きやまもとのメニューにはお好み焼きもありますが、最初はやはりねぎ焼きを頼まなければ話になりません。というわけで、今回はねぎ焼きやまもとの看板メニュー・すじねぎ(お値段 税込1210円)を食べることにします…

ねぎ焼きやまもと本店のすじねぎ

目の前に運ばれてから、仕上げにお好み焼きソースならぬ特製醤油だれとレモン汁を一面にかけてくれます。これで焼き上がり。

ねぎ焼きやまもと本店のすじねぎ断面

中を割ってみると、1cmくらいの厚さの生地に大量の青ネギとこんにゃく、牛すじが詰まっているのがわかります。

ねぎ焼きやまもと本店のすじねぎ実食

では、実食…生地の表面は薄皮でサクッとしていて、中はふわふわの絶妙な焼き加減。お好み焼きの麺やキャベツのように形を保つ具材がないので、箸で持つと崩れてしまうくらい柔らかく焼き上がっています。

食べてみると皮や生地、こんにゃく、ねぎといろいろな食感が楽しめる上に、すでに煮込まれた牛すじの旨味と生地の中に混ざった鰹節の風味が口の中に広がります。これはビールが欲しくなりますね。ちょっと値段高めですが、お酒のおつまみには最適です。

大阪市内で3店舗営業…ねぎ焼きやまもと本店へのアクセスは、最寄り駅の阪急電車・十三駅から徒歩3分

ねぎ焼きやまもとは本店の他にも大阪駅近くの梅田エスト店、新大阪駅構内の大阪のれんめぐり店と、大阪の交通要所に2店舗支店をもっています。お持ち帰りも可能ですし、大阪から離れる前にぜひ一度立ち寄ってみてください。

それでは、お店の詳細です。店舗データはこちら…

ねぎ焼きやまもと本店

ねぎ焼きやまもと本店 [star rate=”4.5″]
住所:大阪府大阪市淀川区十三本町1-8-4
電話番号:050-3313-2916
営業時間:11:30-22:00
定休日:無休
駐車場:なし
クレジットカード払い:不可(現金払いのみ)

This entry was posted in フード
大堀 僚介

学生時代からバックパッカーとして、主に東南アジア諸国を歩きまわる。これまでの訪問国数は20カ国以上。現在も出張を口実に国内外へ旅行して、ローカルフードを食べ歩くのを趣味としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です