マルゲリータキッチン|出国前の肉の食い納めに最適の680gデカ盛りステーキ

By 大堀 僚介

海外旅行や出張の前に、慣れ親しんだ日本の味に触れられる最後のチャンス…その意味で、個人的には空港のレストランをけっこう気にかけています。とはいえ、普通は空港に入っているのはチェーン店が多くて、あまり心踊るものがないのが正直なところ。

この日も夕食時に関西空港のレストランエリアをぶらぶらしながら、あまり心踊るものがないなぁ…とがっかりしていたのですが、その中の1店舗にちょっとインパクトの強いメニューを見つけて、そのまま勢いで入店となりました…

マルゲリータキッチン|出国前の肉の食い納め!総量680gのデカ盛りメニュー「肉盛り5種スペシャル鉄板ステーキ」

そのメニューとは、マルゲリータキッチンが提供する「肉盛り5種スペシャル鉄板ステーキ(お値段 3900円)」。牛のサーロインにもも肉、バラ肉にポークステーキ、チキンステーキを加えた5種類の肉で総量なんと680g!肉の種類は違いますが、ステーキハウスでもこれだけの量の肉はなかなか注文しないのではないでしょうか。

スーツケースを入り口にに置いて、奥の席に着席。肉が焼きあがるまで30分くらいかかると言われましたが、時間もあるのでサイドメニューを頼みながらじっくり待つことにしました。

言われた通り、注文してから約30分。ジュージューと音をたてながら、肉盛り5種スペシャル鉄板ステーキが運ばれてきました…

680gデカ盛りステーキ

鉄板からはみ出るくらいにこんもり盛られた肉の山。頂上にはレアに焼かれた牛肉が食欲をそそります。脂肪分が少ないところをみると、牛のもも肉でしょうか。その下の層にサーロインや脂のついたバラ肉、さらに豚と鶏のステーキと続き、最下層はスライスオニオンと大量のフライドポテトが鉄板一面に敷かれています。

マルゲリータキッチンの680gデカ盛りステーキ実食

この光景を見たら、とにかく食べ続けるしかありません。高級な肉ではありませんが、大抵の人なら満足できるくらいの肉をお腹に収めることができます。これらの肉につけるステーキソースは醤油ベースのガーリックソース。ちょっと甘みのついてサラッとしたソースで、個人的にはもうちょっと濃いソースの方が好みかな…

塩やコショウも振りながらしっかり完食。ちょうど顎の筋肉に疲れを感じはじめた頃でした。これだけの量の肉ですから、さすがに値段は安くありません。でも肉好きの人にとって、出国前の肉の食い納めにはちょうど良いかもしれません。

日本を離れる前にとにかく肉をかぶりつきたいなら…マルゲリータキッチンは関西国際空港旅客ターミナルビルの3階

それでは、店舗の詳細です。

マルゲリータキッチン [star rate=”3.0″]
住所:大阪府泉南郡田尻町泉州空港中1番地 関西国際空港旅客ターミナルビル3F
電話番号:072-468-9323
営業時間:7:00-21:30 LO
定休日:施設休業日
クレジットカード払い:可

This entry was posted in フード, 大阪, 日本
大堀 僚介

学生時代からバックパッカーとして、主に東南アジア諸国を歩きまわる。これまでの訪問国数は20カ国以上。現在も出張を口実に国内外へ旅行して、ローカルフードを食べ歩くのを趣味としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です