カリル|京都で人気急上昇!時代に流されない正統派スパイスカレー製作所

By 大堀 僚介

「カレー製作所」という職人的な冠名を掲げたスパイスカレーの店・カリル。2015年3月にオープンした京都では比較的新しいカレーショップですが、すでに四条烏丸のスパイスチャンバーとともに京都のスパイスカレー人気店としての地位を不動にしつつあります…

カリル|京都市内で人気急上昇!時代に流されない正統派のスパイスカレー製作所

今回のターゲットであるカリルは、京都第二赤十字病院の東に面した通り沿いにお店を構えます。店頭のガラス越しに各種スパイスを保存した瓶がずらりと並び、お店の50m先から店に近づくにつれて、徐々にスパイスの香りが嗅覚を刺激します。

店内はカウンターのみの合計8席。ラーメン屋くらいのスペースの厨房で、男性3人が黙々と仕事をこなしています。内装もすごくシンプルですし、店名通りの硬派なイメージを受けます。

カリルのメニューは月替わりカレー1つを加えた4種類…ランチタイムにはサラダとラッシーがつくランチセットがお得

そんなカリルのメニューは、定番メニューの3種類に加えて月替わりカレー1つを加えた4種類。月替わりカレーの内容はお店のwebサイトで確認できますので、来店前に確認しておくのがおすすめです。

ランチタイムとディナータイムで基本的にメニューは変わりませんが、ランチタイムには+50円でミニサラダとミニラッシーがつくランチセットがお得。一方ディナータイムには、2種類のカレールーを選択してあいがけカレーを注文できるので、一度に2つのカレーを楽しめてこちらもお得な気分になれます。

カリルの定番カレーメニュー(値段は税込)

  • チキンカレー(辛口) 850円
  • ポークカレー 900円
  • 豆と野菜のカレー 850円

カレーの辛さ調整可(1-3辛、無料)
大盛り+ 150円、小盛り -50円

チキンカレー(辛口):今流行りのシャバシャバ系ルーにピリッと辛みを効かせた正統派スパイスカレー

まず最初にご紹介するのが、定番メニューの1つ・チキンカレー(辛口)。150円プラスして大盛りにしてもらいました…

カリルのチキンカレー(辛口)

中央に鶏肉とジャガイモがごろごろとしていますが、全体的には具材も盛り付けもシンプルで飾り気がない感じです。

カリルのチキンカレー(辛口)実食

では、実食…ルーは今流行りのシャバシャバ系。辛口だけあって結構スパイシーで、その中にちょっと苦味も効かせてあります。スパイスの香りは申し分なく、正統派というか、比較的多くの人に受け入れられそうなスパイスカレーの印象です。

一方、国産米を炊き上げたライスは硬めに炊き上がっているので、シャバシャバ系のカレールーに浸かっていてもベチャベチャにならずに最後までライスの食感が残されて美味しく食べ進めることができます。

一言で表現するならば、大人の正統派スパイスカレーといった感じでしょうか。子供にこの辛さはちょっとキツいでしょうが、カレー好きにとってはまず外れない味になっていると思います。

豆と野菜のカレー:野菜たっぷりのヘルシーカレー…ランチタイムはプラス50円でミニサラダとミニラッシーがついてお得!

続いてご紹介するのが定番メニューの2つ目・豆と野菜のカレー。この日はランチタイムの訪店だったので、プラス50円でミニサラダとミニラッシー(マンゴー味)をつけてもらいました…

カリルのミニサラダとミニラッシー

サラダをつまみながら待つこと約10分、目の前に運ばれたカレーはこちら…

カリルの豆と野菜のカレー

大皿に並々と注がれたカレールー。その中に大豆を始めトマト、ニンジン、茄子、ブロッコリー、さやえんどう、ミョウガといった野菜たちがまんべんなく敷き詰められています。

ルーはチキンカレーと比べると、だいぶマイルドな辛さです。野菜を具材にした静的なカレーには、このくらいの辛さが合っているように思います。でも、クミンをはじめとしたスパイスの刺激はしっかり効いていて、スパイスカレーを名乗っても申し分ない味です。

前回のチキンカレーはルーがシャバシャバしていましたが、こちらは大豆や野菜を煮込んだことでルーに自然なとろみが出ていて、舌の上でややまったりとした感触があります。野菜もたっぷり摂れますし、身体への優しさが至る所に感じられる一皿に仕上がっています。

テイクアウトや電子マネーOKなど、結構利便性高し…カレー製作所 KYOTO カリルへのアクセスは、最寄り駅の京都市営地下鉄・丸太町駅から徒歩5分

最後にもう1点。このカリル、テイクアウトや各種電子マネーに対応しているなど、お店の規模の割に利便性が非常に高いのも、個人的にはかなり好印象。チェーン店でもないのにApple Payでピッとやって支払い完了って嬉しすぎる…

手持ちの現金に乏しい時には、かなりお世話になるんじゃないかな…そんな予感がしています。

それでは、お店の詳細です。店舗データはこちら…

カリル

カレー製作所 KYOTO カリル [star rate=”4.5″]
住所:京都府京都市上京区春帯町349-1 永楽アパルシオン1階
電話番号:075-211-6110
営業時間:11:00-22:00(19:30 ラストオーダー)
定休日:日曜日、不定休(詳細はホームページで確認できます)
駐車場:なし
クレジットカード払い:可

This entry was posted in フード, 京都, 日本
大堀 僚介

学生時代からバックパッカーとして、主に東南アジア諸国を歩きまわる。これまでの訪問国数は20カ国以上。現在も出張を口実に国内外へ旅行して、ローカルフードを食べ歩くのを趣味としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です